各オリキュラセンターは以下の提案をいたします。

  • 3歳からのお子様を専門的にていねいなサポート

  • 個人の病状に合わせた専門的なトレーニング

  • 両親及びセラピスト教職員等への感覚刺激と運動技能の習得プライベートプログラム

  • 個々の保健衛生プログラム

  • コンセプトと手段:

    知覚障害の症状は多様で、時間の経過とともに変化することがあります。適切なケアは、関係能力や態度の改善を可能にします。集中的なケアの場合は、何らかの良い結果がもたらされ、けして遅すぎるということはありません。人間の脳はどの年齢でも学習し、吸収することができるのです。

    感覚のリハビリテーションプログラムの目的は、感覚情報の受容能力を持続的に向上させることです:

    聴覚、視覚、触覚、嗅覚、味覚、固有受容覚と運動技能

  • 得られた結果:

    • もっと穏やかな態度

    • 会話の進歩

    • 集中力と注意力の改良

    • 社会相互作用が広がる

    • 睡眠障害の低減

    • アイコンタクトを統合

    • 視覚と触覚より良い調整

    • 超活発傾向の低下

    • 学習能力の向上