聴覚の機能不全

聴覚障害(英語版):

 

Flash is required!
オーディオ1
Flash is required!
オーディオ2
Flash is required!
オーディオ3
Flash is required!
オーディオ4
  • 私たちは五感の働きによって知覚というものを行っています:

    • 聴覚
    • 触覚
    • 視覚
    • 嗅覚

    最新の研究では上に述べた五感の他にバランス感覚や固有受容感さらには第六感に加えています。

    実際の知覚と呼ぶものに至るまでには、脳の中での多感覚​​の相互作用が非常に速いスピードで行われているのです。つまり、知覚というものはすべての感覚から生じたものも組み合わせであり一つの構造体なのです。

    私たちが知覚するといっている統一されていて一貫性のある識別というものがなされるためには感覚が相互に作用し、適切な情報に統合することが重要なのです。

    仮に一つまたは複数の感覚が不適当であいまいで混乱したような情報が統一され単一になったものを受け取ったその当人は機能障害に苦しみ、度々奇妙で不可解な行動をしてしまうのです。

    この不調和は以下の二つの種類の診断の症状を引き起こす可能性があります:

    1. 行動障害、ADHD、注意欠陥・多動性障害、自閉症スペクトル、カナー自閉症

    2. 感覚性知覚障害: 聴覚、視覚、触覚、嗅覚、味覚、バランス感覚、固有受容覚の不調和

     

     

  • これらの人は以下のような態度をふるまう場合があります

    • 多動傾向
    • 低活発傾向
    • 物、物事への執着こだやり
    • 異常なコレクション(収集)傾向
    • 攻撃的傾向
    • 強い恐怖を示す
    • 突進的(危険に気付かない傾向)
    • コントロールできない(興奮的傾向)
    • 自分自身と周囲への危険な行動 (噛む、たたくなど)
    • 破壊的傾向

     

    そしてまた次のことを苦しんでいます:

    不眠病、過敏性聴覚、消化問題、アレルギー(薬や食品等)